· 

OWOLを実施しました

9月29日に定例水質検査、OWOLを行いました。
東浪見ポイントから志田下ポイント、太東ポイント、一宮ポイント、一松ポイントの順に海水を採取し、海のこえ所属の一級化学分析技能士(国家資格)が大腸菌や腸球菌などの有無を調べる分析を行います。
志田下ポイントでは、海水の外海底土も採取し、専門機関で放射性物質検査を行います。
分析結果がわかり次第ホームページでお知らせします。
当日、測定した空間線量は、0.01〜0.03マイクロシーベルトで、問題のない数値でした。
今までの検査の結果から、降雨後に海水が汚れる傾向があります。
昨日通過した台風24号がもたらした大雨で、海水が汚れている可能性がありますので、ご注意下さい。